メインコンテンツへスキップ

【10/7開催】展覧会鑑賞券つき。クリストとジャンヌ=クロードの「包まれた凱旋門」を語ろう!

¥2,500
TaxIn

現在、21_21デザインサイトで開催されている企画展『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』がおもしろい!

現代美術作家クリストとジャンヌ=クロードが1961年に構想した『LʼArc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961–2021(包まれた凱旋門)』。パリのエトワール凱旋門を布で包むという前代未聞のプロジェクトは、20219月、60年の時を経てついに現実のものとなった。今回の展覧会は、その制作背景と、実現までの長い道のりに焦点を当てたもの。

クリストとジャンヌ=クロード、同じ年の同じ日に別々の場所で生まれたふたりの運命的な出会いから、「布を使う」という手法の誕生、世界各地の建造物や自然の景観を一変させる壮大な作品の数々……彼らが生涯をかけて貫いたものとは?

そんな展覧会の見どころや作家について、オンラインで語るイベントを開催。ゲストには、アート、建築関係を中心に活動中のライター青野尚子さん、モデル・文筆家として活躍する小谷実由さんのおふたりをお招きします。パリでの会期中、実際に“包まれた凱旋門”を目撃した青野さんには、現地での様子もお話いただく予定。

イベントは配信チケット+展覧会の鑑賞券がセットになっているので、トークイベント前後、お好きなタイミングで展覧会にもお越しいただけます。すでに鑑賞いただいた方も、トークを聞いたうえで再訪すると新たな発見があるかも⁉ 皆様のご参加をお待ちしています。

オンラインイベント
クリストとジャンヌ=クロードの「包まれた凱旋門」を語ろう!

■日程:2022年10月7日(金)
■配信時間:20:00~
■参加費:¥2,500(オンラインイベント配信チケット、『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』鑑賞券付き)
■ゲスト:青野尚子、小谷実由
■申し込み締切:2022年10月7日(金)12:00

【参加方法】
・ご参加にはチケットご購入が必要となります。
・オンラインイベントのURLは、チケットご購入の際にご記入いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
・展覧会鑑賞券は、ご購入の際にご記入いただいたご住所宛に、お申込みから1週間を目処に郵送いたします。
・携帯キャリアのメール等でPCからのメールが受信拒否・ドメイン拒否の設定になっている場合がございます。「@id.cccmh.jp」と「@cccmh.co.jp」ドメインからのメールを受信できるよう、あらかじめ設定をご確認ください。
 
【注意事項】
・キャンセルのご希望は受けかねますので、ご了承ください。
・オンラインイベント後、期間限定でアーカイブもご覧いただけます。

 

<ゲスト>
青野尚子|Naoko Aono
東京都出身。早稲田大学第一文学部・桑沢デザイン研究所ヴィジュアルデザインコース卒業後、建築、デザイン誌の編集を経てフリーランスに。共著に『新・美術空間散歩』(シヲバラタクと共著、日東書院本社刊)、『背徳の西洋美術史 名画に描かれた背徳と官能の秘密』(池上英洋と共著、エムディエヌコーポレーション刊)、『美術でめぐる西洋史年表』(池上英洋と共著、新星出版社刊)。

小谷実由|Miyu Otani
1991年東京生まれ。14歳からモデルとして活動を始める。自分の好きなものを発信することが誰かの日々の小さなきっかけになることを願いながら、エッセイの執筆、ブランドとのコラボレーションなども取り組む。 猫と純喫茶が好き。通称・おみゆ。2022年7月に初の書籍『隙間時間』(ループ舎)を刊行。

主催:CCCメディアハウス
協力:21_21デザインサイト

 photos: (左上)Wolfgang Volz ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation、(右上)Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation、(左下)Wolfgang Volz ©2004 Christo and Jeanne-Claude Foundation

Recently viewed

カート

現在、カートは空です。
ショッピングを続けるには、ここをクリックしてください。
お問い合わせありがとうございます。すぐにお返事いたします。 ご購読ありがとうございます。 ありがとうございます!発売されましたら、お知らせいたします。 すでに最大数のアイテムが追加されています カートに入れられる商品は残り1点です カートに入れられるのは、残り [num_items] 個だけです。